僕たちはどう生きるか 言葉と思考のエコロジカルな転回
僕たちはどう生きるか 言葉と思考のエコロジカルな転回

僕たちはどう生きるか 言葉と思考のエコロジカルな転回

著者:森田 真生

2021年09月24日発売

史上最年少で小林秀雄賞を受賞した若き知性が2020年春からの「混沌」と「生まれ変わり」を記録した、四季折々のドキュメント・エッセイ!

ISBN:978-4-08-771757-0

定価:1,760円(10%税込)

SHARE

内容紹介

未来はすでに僕を侵食し始めている。

未曾有のパンデミック、加速する気候変動……人類の自己破壊的な営みとともに、「日常」は崩壊しつつある。それでも流れを止めない「生命」とその多様な賑わいを、いかに受け容れ、次世代へと繋ごうか。

この時代に、心を壊さず、感じることをやめずに生きるための必読書。

【目次】
はじめに
春 / STILL
夏 / Unheimlich
秋 / Pleasure
冬 / Alive
再び、春 /Play
おわりに

プロフィール

  • 森田 真生 (もりた・まさお)

    1985年生まれ。独立研究者。2020年、学び・教育・研究・遊びを融合する実験の場として京都に立ち上げた「鹿谷庵」を拠点に、「エコロジカルな転回」以後の言葉と生命の可能性を追究している。著書に『数学する身体』(2016年に小林秀雄賞を受賞)、『計算する生命』、絵本『アリになった数学者』、随筆集『数学の贈り物』、編著に岡潔著『数学する人生』がある。

試し読み

おすすめ書籍ピックアップ

マザリング書影

マザリング 現代の母なる場所

中村 佑子 著