松井玲奈 累々
累々

累々

著者:松井 玲奈

2021年01月26日発売

デビュー作『カモフラージュ』を超える衝撃。
待望の最新小説発売。

本当の私は誰。
結婚、セフレ、パパ活、トラウマ……。不穏さで繋がる全5編。
たくらみに満ちた、著者の新境地。

ISBN:978-4-08-771735-8

定価:1,540円(10%税込)

SHARE

内容紹介

松井玲奈さんの小説第2作が、2021年1月26日(火)に発売となりました。大きな話題となったデビュー作『カモフラージュ』の衝撃を超える、著者の新境地といえる意欲作。人間の多面性を切り取る、たくらみに満ちた自身初の連作短編集です。

プロフィール

  • 松井 玲奈 (まつい・れな)

    1991年7月27日生まれ。愛知県豊橋市出身。
    著書に『カモフラージュ』。

試し読み

『累々』一編まるごと公開中!

1 小夜

 「今年中に籍を入れたいと思う」
 そう告げられたのは夕飯の席だった。
 告白された時とは違う味気ないプロポーズだった。今日は仕事を入れていなかったので、色あせた黄色の部屋着を身につけ、髪の毛は適当にひとまとめにしていた。どうしてリップクリームすら塗っていないスッピンの顔に向かって、こんなに大切なことを今言うのだろうと正直感じてしまった。
 だからといって彼が惰性で結婚をしようとしているとは思わない。する、しない、の話ではないのだろう。彼の中では。
 私との付き合いが遊びではないことは最初からわかっていた。決まり文句みたいに、結婚を前提に付き合って欲しいと言った時の、彼らしからぬ不安に揺れる視線を今でもはっきりと覚えている。今の彼は私と人生を共にすることに迷いがない。目の前に並んだ食事の味付けのように、全てがお互いにとって調っていると思っている。
「籍を入れるにしても準備する時間が必要だと思うから」
「準備?」
「小夜のご両親にも挨拶に行きたいし、僕の周りにもちゃんと話して順序よく行きたいんだ」
 今日は休みだから僕が作る、と意気込んでキッチンに立っていたのはこういうことか。食卓には私の好物がずらりと並んでいた。椎茸と葱のグリル、青椒肉絲にかきたまのスープ。ふんわりとしたドレスのような卵がお椀の中でひらりと躍り、米が蛍光灯に照らされてその白さと艶が際立っている。
「今年中ね……」と私は言葉を濁した。
 考えるフリをして青椒肉絲に箸を伸ばす。味付けは濃くも薄くもなく、丁度よかった。
 葉さんは今年で三十になる。彼の年齢と半同棲を続けている状況から考えても、次のステップに進むには悪くないタイミングなのはわかるけれど。
 開け放った窓から、闇に溶けていくような犬の遠吠えが聞こえ、湿気まじりの濃い緑の匂いがした。今年が終わるまではあと半年ある。

もっと読む

著者からの直筆メッセージ

□全国の書店員さんからの感想

今回、全国の書店員さんへ事前にプルーフ(試し刷り)や原稿をお送りしたところ、たくさんのご感想をお寄せいただきました。
お忙しいなか、本作をご一読いただき、またご感想をいただき、誠にありがとうございました。
一部抜粋し、ここにご紹介いたします。書店員さんが『累々』をどのように読んでくださっているのか。ぜひご一読ください!

――――――
紀伊國屋書店新宿本店・竹田勇生さん
ひとつひとつは他愛なく、物語に大きく影響しなくとも、松井さんの作品にははっとするような、生きていることへの慈しみがそこかしこに散らばっていて、見逃していた誰かの、木漏れ日のような日々が、僕の世界までをも広く、あたたかくしてくれる。
だから、僕は松井さんの書く文章を一言たりとも読み逃したくないと思う。
――――――
大盛堂書店・山本亮さん
抗えない流れにいる自分、その場の感情に伸縮する自分。
そして鼻先にふっと目の前のページから風を感じた時、本当に求めているは、答えのあるまっさらな綺麗なものじゃない、
不器用でも確かに生きている痕跡が刻まれたものだという事に気付く。
傷ついても呆然としてもここに戻れば、きっと何かがある。
そうこれからも信じていける稀有な物語が誕生した。
――――――
ジュンク堂書店滋賀草津店・山中真理さん
極端な話、かけ離れた話ではない。この作品には自分に潜む傷のかけらがある。
ただそれを傷だと思わせない強さ、響きがある。
人って不思議。読み終わった後、何があっても人を肯定できるのではないかという気持ちになった。
自分自身がわからない。何が優しさか、何が本当の自分か、すべてが本当の自分なんだ。歪な自分、惰性な自分、ひたむきな自分。
秘密をもつということは優しさなのか?悪なのか?秘密があることは誠実ではないのか?
寄り添う自分、突き放す自分、違う自分、すべてすべて人ってそうなんだ。恋愛、友情、愛が絡むとより理解できない。端から見ると謎が面白い、当事者になると苦しい。
自分のことがわからない、この心情がじわじわせまってくる。文章化されてためいきがでた。
松井玲奈さんにすっかりまいりました、やられてしまいました。
――――――
宮脇書店ゆめモール下関店・吉井めぐみさん
読みはじめから作品世界に引き込まれる。どんどん読んでいってハッと気付く。
これ、玲奈ちゃんが書いたんだよね。朝ドラ「エール」で見てた女優の顔と違う、作家・松井玲奈の顔が覗く。
すごい。すごすぎる。前作も凄かったが、さらに超えてきた。
読んでいてこの語り手はなにを考えているんだろうという思いから、一つ一つに少しづつ共感し、最後は同化してしまう。
彼女たちのそれぞれその時の想いは嘘偽りのない本物だ。それは誰しも持っているもの。
その部分を書き上げた作家・松井玲奈に感動。作中の彼女が幸せに笑っていることを願う。
――――――
紀伊國屋書店福岡本店・宗岡敦子さん
不穏な空気を纏いながら、見え隠れする人の本性にドキドキしながら目が離せませんでした…!!
狂気に満ちた欲望もまた人間性の1つであると深く感じました!!!
――――――
未来屋書店各務原店・山田克宏さん
アイドルなめてました。(「カモフラージュ」未読)
かなり踏み込んだ題材、内容で書く事への覚悟のようなモノを感じました。
3、ユイのパパ活を男側からの恋愛シミュレーションゲームとして、また崩れていく流れも自然でよいと思いました。
構成も見事だと思います。正直たとえで?!くどいなと感じる所もありました。
こういった作品が好きな層がかえって”松井玲奈”の名で手を遠ざけるのではないかと心配です。
――――――
精文館書店豊明店・近藤綾子さん
「カモフラージュ」も面白かったけれど、さらにとても面白かったです!誰にでも、様々な面があるものだけど、その見せ方がうまい!
松井玲奈さん自身、本当に多面・・・。どれだけ引き出しを持っているのかと、驚かされる。
今後、また違う玲奈さんの一面を見られることを期待するし、楽しみで仕方がない。
――――――
ブックセンターよむよむ坂戸入西店・阿部千鶴子さん
視点がかわれば印象もかわる・・・。
人って不思議ですごくて怖いな、と思わされました!
――――――
ブックスタジオ大阪店・渋谷宙希さん
この作品を読んで私は作家松井玲奈のファンになりました!
多角的に描くことで、その人物が立体的に浮かび上がってくる。
その人物を好きになることで、この小説がとても愛しくなりました。
これが人間の本質だな、と読み終わってしみじみと感じました。
良い面もあり、そうでない面もあり、まとめて魅力的な人物を描ききった松井玲奈さんの才能にホレました。
――――――
大垣書店豊中緑丘店・井上哲也さん
昨年「カモフラージュ」で鮮烈デビューした作家・松井玲奈氏の待望の二作目は、
人の秘められた多面性を描き出す傑作短編連作集。
人は誰でも、たくさんの顔を持って暮らしている。駆け引きだってするし、嘘だってつく。
それが生きていくと云うことだから。
夢も希望もある新感覚恋愛小説。
――――――
三洋堂書店新開橋店・山口智子さん
セフレ・パパ活・・・と刺激的なワードが並び、漂う空気も不穏で目が離せない。
全編に散りばめられた企みに気付いた時、自分にもある、表側の心とは違う面を覗き見されたようで、ドキリとゾワゾワが交互にやってきました。
後を引く小説でした。
松井玲奈さん、書き続けていただきたいです。
――――――
旭屋書店新越谷店・猪股宏美さん
読み進めていく程に胸のざわめきが激しくなる。
疑いが確信になった時の怖さ。
こんな風にしか自分の中のバランスを保つことができないからこそ、
危うさの中に惹かれるものがあるし、少し羨ましさも感じてしまう。
――――――
草叢BOOKS新守山店・寺澤理沙さん
各章のタイトルから短編集なのかと思い読み始めたので、この展開は圧巻でした。
とてもリアリティがあって、面白くて、この「累々」というタイトルの意味に気づいた時、ハッとしました。
素敵な作品を読ませていただき、ありがとうございます。
――――――
谷島屋浜松本店・永井久美さん
変な話なのですが、読んでいて般若心経を思い出しました。
仏壇や仏様に向かってあげるお経も、意味は生きている私たちへ向けての言葉だとか。
色即是空、空即是色・・・すべては因縁、読んでいたら苦しい気持ちになりました。
累々というタイトルもなにやら怖い・・・
――――――
リーディングスタイルあべの・森口俊則さん
5つのピースを合わせても完全な人間にはならない、
その欠けた部分を探そうとして読者は迷いの森に誘い込まれて最後まで出られない・・・そんな思いを持ちました。
――――――
本の王国南安城店・莨谷俊幸さん
『女性は怖い』どれが本当の姿なのか・・・
実はまだ別の顔が存在しているのでは?
――――――
紀伊國屋書店仙台店・齊藤一弥さん
いつ出会ったか、どこで出会ったかなどの関係によって人の印象は変わる。
第一印象は「ごくごく普通の人、ちょっと神経質かな」ぐらいの人でも接しているうちに実はだらしない、変な拘りがあるなど違う一面を知ることがある。
全ての出来事が経験値となり今の彼女を作っている。
それは自分自身にも言えること。おそらく今回松井さんは女優の役作り経験を活かし徹底的に小野小夜を考え抜いたと思う。
松井玲奈さんがアイドル、女優、作家と経験を積み重ねたからこそ描けた作品であると感じました。
――――――
三省堂書店名古屋本店・田中佳歩さん
人の幸せ、不幸せは様々で、それは見えたり見えなかったりする。
恋愛が絡めばさらに複雑で・・・
なんだか解けない謎解きをしている気分。
松井玲奈氏おそるべし!!
――――――
伊吉書院西店・安保貴司さん
この物語は内面、側面、様々な顔を描いているのだと気がつきました。
女の人って怖いですね。
――――――
岩瀬書店富久山店プラスゲオ・吉田彩乃さん
どんなに親しい人だとしても人の内面なんてわからない。
それを的確に描いた作品だと感じました。
知らない方がいいと思いながらも恐いものみたさで覗きたくなる。
そんなカンジで目が離せなくなる作品です。
――――――
ダイハン書房本店・山ノ上純さん
女の日常は、男にはホラーかも?
小夜の行動力はすごいけれど、女性から見るとありえなくもない気が。
男の人はびっくりですよね、きっと。
それにしても松井さん、またすごい物語を・・・元○○○からはすっかり卒業ですね。
今回もグイグイ読まされました。
――――――
水嶋書房くずはモール店・和田章子さん
端からみると小夜が自由気ままに生きてるようでも本人には幸福感が見えない。
愛を向けられても受け止められない。
何かを得ると何かを失う。何かの価値は人によって違うし、2人の間に生まれる愛の価値も違ってしまう。
コロナ禍で顔の表情を半分失った私たちは尚一層気持ちを伝え合わないとお互いが見えなくなってしまうのではないかと考えさせられました。
――――――
流泉書房・大橋崇博さん
人生は誰とめぐりあうかによって決まるといってもいいと思います。
出会いの大切さがあらためて重要だと思わせてくれた作品です。
――――――
芳林堂書店高田馬場店・江連聡美さん
前回の「カモフラージュ」も素晴らしかったが、今回の「累々」はさらに表現力が豊かで、きらびやか!!
松井玲奈さんは、もしかして天才なのかしら?!と思わずうなってしまいました!
決して派手ではない、でも、少し変わった女の子が織り成す心情は、まるで万華鏡の如く姿を変え、つかみどころのない不安を煽り立てる。
何が正しいのか、どれが間違っているのか、正解を導くことは難しいのかもしれません。
しかし、それはどんなに姿をかえても、ひと筋の道があり、その光を歩いていくためにはいくつかの妥協と若干のあきらめを持していないといけないと戒める物語なのかもしれない。
愛は重いのである。
――――――
ジュンク堂書店西宮店・水口真佐美さん
女子の女ごころすごくわかってる・・・
”こんな時あるよね!”や、”え?!この人、なんなの?”とか・・・いろいろ共感してしまった。
――――――
くまざわ書店南千住店・河口茜さん
相手を知ろうとするほど、自分の孤独に気づく。
心や体に触れたくて、でも思うように触れることができなくて、悩む登場人物の様子は、
人のときに残酷な”やさしさ”ゆえなのかもしれない。
わかりあえたつもりでも、きっとわかりあえてなんかいなくて、でも愛しき人たちと笑うことができるのなら、その孤独さえも愛しいものだと思った。
言葉に出来ない気持ちがかさなって、おそわれそうな夜にあったかいコーヒーを飲みながら読みたい作品。
――――――
未来屋書店有松店・前田ゆきさん
どうすればこんなにも話の引き出しを多くすることができるのでしょうか。
やはり様々なタイプの人と接する機会が多いせいなのですかね。
ページをめくるたびに新しい世界を垣間見ることが出来てとても楽しいです。
――――――
蔦屋書店 嘉島・迫彩子さん
女の子、女性、どの表現が正しいのか分かりませんが、
姿を変えることで、何者にでもなれる強さと脆さを感じました。
どの自分でいるべきなのか迷い、でも安定してしまうことへの不安があり、とても心に入ってくる文章で彼女を見つめることが出来ました。