担当編集より

伊藤野枝(のえ)。明治・大正を駆け抜けた婦人解放運動家でアナキストで、生涯で3人の男と〈結婚〉、7人の子を産み、関東大震災後に憲兵隊の甘粕正彦らの手により虐殺、28年の生涯を閉じる――。
今作は、そんな野枝の熱情あふれる人生を圧倒的な筆力で描ききった渾身の〈評伝小説〉です。
当時の日本は女性に参政権はなく、女は嫁いで子を産み育てるものとされていました。そんな時代に、自由を求めて激しく燃えるように生きて、愛して、闘った野枝のような人物がいたこと。その短くも鮮烈な生涯を、ぜひ体感してください。今を生きる私たちの胸に熱い火を灯す作品です。

東京大学名誉教授の姜尚中さん、エッセイストの小島慶子さん、作家の島本理生さんがコメントを寄せてくださいました。ご紹介いたします。

どんな恋愛小説もかなわない不滅の同志愛の物語。いま、蘇る伊藤野枝と大杉栄。震えがとまらない。
姜尚中さん(東京大学名誉教授)

ページが熱を帯びている。火照った肌の匂いがする。28年の生涯を疾走した伊藤野枝の、圧倒的な存在感。100年前の女たちの息遣いを、耳元に感じた。
小島慶子さん(エッセイスト)

時を超えて、伊藤野枝たちの情熱が昨日今日のことのように胸に迫り、これはむしろ未来の女たちに必要な物語だと思った。
島本理生さん(作家)