恋に焦がれたブルー
恋に焦がれたブルー

恋に焦がれたブルー

著者:宇山 佳佑

2021年03月05日発売

あなたといると身体が焦がれて痛くなる。
あなたがいないと心が涙で痛くなる。

ロングヒット『桜のような僕の恋人』の著者最新刊!
靴職人を目指す高校生と、不思議な病を抱える少女の、
切なく胸を焦がす、かけがえのない恋の物語。

ISBN:978-4-08-775455-1

定価:本体1,500円+税

SHARE

内容紹介

靴職人を目指す高校生の歩橙(あゆと)は、同じ学年の青緒(あお)に恋心を寄せている。彼女はいつもボロボロのローファーを履き、友達も作らず、ひとりぼっちで笑顔を見せたことすらない。
歩橙はそんな青緒に手作りの靴をプレゼントしようと思い立つ。
「僕が作ります。あなたが胸を張って笑顔で歩きたくなる靴を」
不器用に、真っ直ぐに、恋する気持ちを靴に込めようとする歩橙。そのひたむきな想いに触れて、青緒も次第に彼に惹かれてゆく。
しかし二人を試練が襲う。彼を愛おしいと思う気持ちが、青緒の身体に耐えがたい痛みを与える不思議な病を発症してしまったのだ。
歩橙の言葉が、愛情が、してあげることのすべてが、青緒の身体を焦がすように傷つけてゆく……。

「わたしはただ、好きな人を素直に好きって思いたいだけなのに。
ただありふれた普通の恋がしたいだけなのに……」

プロフィール

  • 宇山 佳佑 (うやま・けいすけ)

    1983年生まれ。神奈川県出身。脚本家、作家。
    ドラマ『スイッチガール!!』『主に泣いてます』、ドラマ・映画『信長協奏曲』などの脚本を執筆。
    著書に『桜のような僕の恋人』『今夜、ロマンス劇場で』『この恋は世界でいちばん美しい雨』などがある。

試し読み

わたしたちの恋っておとぎ話みたいだね。

あなたといると身体が焦がれて痛くなる。

あなたがいないと心が涙で痛くなる。

ほかの誰かとなら、こんなに傷つくことはないのかな。

でもね、たとえそうでも思っちゃうんだ。

それでもやっぱり、あなたがいいって……。

第一章 空色の笑顔



「あなたの足に触らせてください!」

 夕陽色に輝く放課後の廊下に夏目歩橙なつめあゆとの声が響き渡ると、それまで楽しげに談笑していた生徒たちが驚きの表情で振り返った。突然の変態の登場に辺りは異様な空気に包まれる。興味津々の様子でこちらを見ている男子生徒。何事だと眉をひそめる真面目そうな女子生徒。そんな視線を一身に集め、歩橙は身体からだを直角に折り曲げる。そしてもう一度、あらん限りの声で叫んだ。

「どうしてもあなたの足に触りたいんです!」

 特殊性癖を告白された女の子は当然のことながら困惑している。

 真っ白な頬がだんだんと血の気が引いて青色に変わると、ようやく生徒たちの注目を集めていることに気づいたらしい。今度は顔を真っ赤にして、陽光に照らされたセミロングの黒髪を振り乱しながら頭を激しく右左に振った。絶対絶対絶対にイヤ! とでも言いたげな様子だ。

 しかし歩橙はそれでもめげない。

「どうしても、どぉぉぉしても、あなたの足じゃなきゃダメなんです! だってあなたは――」

 ごくんと唾を飲み、彼女に顔を寄せた。

「あなたは僕のシンデレラだから!」

 バチン! と黄色い火花が目の中ではじけた。ビンタをされたのだ。

もっと読む

おすすめ書籍ピックアップ

この恋は世界でいちばん美しい雨

この恋は世界でいちばん美しい雨

宇山 佳佑 著