ヒロシマを暴いた男
ヒロシマを暴いた男

ヒロシマを暴いた男 米国人ジャーナリスト、国家権力への挑戦

著者:レスリー・M・M・ブルーム

訳者:髙山 祥子

2021年07月15日発売

原爆の正体を世界中に知らせた、一人の記者がいた。

1946年8月、とある雑誌の特集記事にアメリカ中が騒然となった。
第二次世界大戦でアメリカに勝利をもたらした広島と長崎の原子爆弾が、1年後も市民に後遺症と死の苦しみを与えていることを、人々は全く知らされていなかったのだ。
のちに世界的名著となったルポ『ヒロシマ』は、いかにしてアメリカ軍やGHQの隠蔽と検閲をすり抜け、世に知られるに至ったか。小説でピューリツァー賞を受賞しながらも才気ある記者として活躍したジャーナリスト、ジョン・ハーシーと雑誌『ニューヨーカー』の軌跡を辿る。

ISBN:9784087735154

定価:1,980円(10%税込)

SHARE

内容紹介

1945年8月、世界で初めて人間に使用された2つの原子爆弾。
広島と長崎に投下されたそれらは連合国軍に勝利をもたらし、当時のアメリカの世論調査では85%が核爆弾の使用を肯定した。

その後も、二都市の壊滅状態は意図的に市民には伏せられていた。
禍々しいキノコ雲と破壊された都市の写真は新聞に載っても、そこで苦しむ人々の写真は明かされなかった。
アメリカ政府は、“ヒトラーよりもひどい残虐行為をした”という評判がたつのを望まなかったのだ。

だが翌年、たった一人の記者が書いた雑誌の特集記事『ヒロシマ』が、社会を大きく揺るがすことになる――

記者ジョン・ハーシーと雑誌『ニューヨーカー』は、いかにしてアメリカ軍とGHQの隠蔽・検閲を乗り越え、世紀のスクープを世に明かしたのか。
国家権力へ挑んだ、そのジャーナリスト精神に迫る。

プロフィール

  • レスリー・M・M・ブルーム

    レスリー・M・M・ブルーム (Lesley M. M. Blume)

    ロサンジェルスを中心に活動しているジャーナリスト、ノンフィクション作家、小説家。『ヴァニティ・フェア』『ニューヨーク・タイムズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『パリ・レヴュー』など各紙誌に寄稿している。アーネスト・ヘミングウェイについて執筆したノンフィクション『Everybody Behaves Badly』は、『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーランキング入りを果たした。

  • 髙山 祥子 (たかやま・しょうこ)

    1960年東京生まれ。成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科卒業。翻訳家。訳書にキース・ジェフリー『MI6秘録』上・下(筑摩書房)、ヒラリー・ロダム・クリントン『WHAT HAPPENED 何が起きたのか?』(光文社)、ジェームズ・バロン『世界一高価な切手の物語』、アリソン・マクラウド『すべての愛しい幽霊たち』、ケイト・ウィンクラー・ドーソン『アメリカのシャーロック・ホームズ』(以上東京創元社)など多数。

試し読み

第二章 特ダネで世界を出し抜く

田舎者と猫背の男

 誰もが予想するとおり、西四十三番ストリート二二九の〈ニューヨーク・タイムズ〉本社は素晴らしい建物だ。タイムズスクエアはその名前を、かつては街で二番目に高かった、近隣にあるこの新聞社の旧社屋から取った。新しい社屋は、権力と威厳を見せつけていた。それは石灰岩とテラコッタの“お城のような”建造物で、十一階建てを誇る。〈ニューヨーク・タイムズ〉が発展し続けるにつれて、新聞のオーナーたちは階や翼棟を建て増し、とうとう〈ニューヨーク・タイムズ〉は“世界一の完璧な新聞社”だと宣言した。
〈ニューヨーク・タイムズ〉の本社と通りを隔てた場所に、まったくちがう仕事をする出版社があった。〈ニューヨーカー〉誌の本社だ。近隣の大手出版社とはちがい、〈ニューヨーカー〉のオフィス――西四十三番ストリート二五の建物のうちの数階――は、誰が見てもお粗末なものだった。

「社員たちは、不潔なことに一種のプライドを感じていた」と、古くからの〈ニューヨーカー〉の寄稿者は言った。「あの雑誌は、オフィスを美しくする余裕がないとわかったら、逆にできる限り汚くすると決めたらしい」ときどき天井から漆喰が落ちた。壁のペンキが渦状に剥がれていた。作家や編集者は、中央廊下に沿って並んでいる“荒涼としたペンキの剥がれた小さな独房”のような部屋で働いていた。

もっと読む

おすすめ書籍ピックアップ

原爆 広島を復興させた人びと

原爆 広島を復興させた人びと

石井 光太 著

八月の青い蝶

八月の青い蝶

周防 柳 著

あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々

あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々

寺尾 紗穂 著